日本人の10分の1がワキガに罹

日本人の10分の1がワキガに罹っていると言われます。

ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2タイプの「汗腺」があります。

ワキの下やバストトップ、おへそ、生殖器、臀部や耳の周りのような、体の一部位に限り存在する「アポクリン腺」から生じる汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、皮膚上の菌類が温床地となります。

ストレスを感じやすい無秩序な生活リズム、 栄養価が偏った食事に運動不足。やたらと喫煙や飲酒をする不健康な生活習慣は、汗や皮脂といった成分が変化し、塩や砂糖・肉が中心の食生活が、臭いを発生させる原因だとされています。肉類やチョコレートといった、動物性たんぱく質や脂肪を多く含む食品を制限し、腸内環境を改善するようなバランスの食事を摂るようにするとよいでしょう。

陰部の異臭について不安を持つ女性は大勢いますが、ただし、健常時とは違った強い臭気のオリモノが付着したり、赤系統の色味がついたオリモノが付着するならば、膣の炎症などの性感染症になっている場合があります。気づいたらすぐ婦人科に診てもらいましょう。不安やストレスを抱え込んでいる時、 人は「脇が臭う気がする」と過剰に反応することがあります。

「本当に自分は臭うのか?」「それとも過敏になっているだけか?」悩みの解決案として、身近な人物に、臭いを検証してもらうとか、「私はワキガじゃない?」と意見を求めるのもいい方法でしょう。

それも難しいという場合は、皮膚科で診てもらい、専門家の意見を聞いてみることを勧めます。

珍しいケースですが、陰部から脇のにおいの臭いが放たれる「裾腋臭」体質に苦悩する人も僅かながらに存在します。ねばつきのあるキャラメルのような耳垢が出る人は「すそ脇のにおい」である可能性が高いでしょう。されども、この体質はワキガと同様に、正しい処置を受けることで臭いを緩和できますから、ひとりで苦悩せずに病院に助言を求めにいきましょう。腋臭症の人はいつも清潔な素肌を意識し、ばい菌の繁殖を防ぎましょう。わきに臭みが残されたり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、ワキ毛を処理するのもいい案でしょう。

肉類を制限した野菜中心の食事バランスにするもアポクリン腺の活性化を防止します。

また、リンゴの繊維質にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を阻み、臭気のもとを減らす効き目があります。

もしも、デリケートな部位のにおいで悩んで気に病むようだったら、まずは旦那さんや彼氏に指摘してもらう事が肝心です。「においで気になったことはある?」と。

「平気だよ。むしろ君のにおい大好き!」と返されたら、 「私こそあなたの臭いが好きよ」と笑顔で喜びましょう。

二人して臭いに悩みを抱えて体を重ねることがなくなるのは不幸せなことかもしれませんね。

体臭の原因として、汗・皮脂・垢、そして雑菌が挙げられます。

皮脂や汗は、すぐに臭いが発生する訳ではなく、放置しておくと皮膚で菌が繁殖し、皮脂や脂内の脂質や蛋白質、アミノ酸などの成分が作用し、悩ましい体臭を作り出すのです。

さらに、病気によって独特の臭いが生じることがあります。肌の綺麗さを心がけているのに、体臭が改善されないのであれば、医師の判断を仰いだ方が良いでしょう。

女性器からの臭気に悩みを抱える女性は多いですが、実はほとんどの場合「思い違い」か「意識しすぎ」であり、服を身に着けている際他人が感じるくらい強い匂いがする人は、非常に稀だということです。 だいたい、陰部から臭いがしないなんて事はありえません。

性差や年齢差に関わらず、どんな人でも 多少のにおいを持っています。「腋臭症」と体臭は同一視されることもあるようですが、「腋臭」と多汗が原因の体臭は違うものです。

「脇の臭い=脇のにおい」という認識は間違っています。

ワキガ臭の原因は その人の体質自体が深く関係してくるので、 思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当に腋臭症かどうか検査してみると良いでしょう。

腋に存在する「アポクリン腺」という 汗腺の動きが盛んなのが、腋臭症体質の人が持つ特性です。

「ワキガ」は病気ではありません。それでも、匂いが他人より強い人、ワキから分泌される汗によって衣類に黄ばみが出来、悩んでいる場合は、クリニックで診てもらうというのも一つの手でしょう。病院選びはじっくりと行いましょう。とくに、いっぺんに両ワキの手術を行うようにすすめてくる病院は、避けるべきでしょう。

最初に片一方の腋の施術をし、術後のケアや症状を見てから、 もう一方の手術を受けると良いでしょう。

性器周りが無臭な人はいないでしょう。

条件なしに、どんな人でも 多少のニオイがあります。

またにおいには 各々に違いがある事は当たり前です。

それを、「くさい」などと軽はずみなコメントで非難してくるような男性がいるとしたら、それは彼のほうが勉強不足です。

そのような偏った考えは 間違いだと言い切れます。

ワキの臭いが気になるなら、朝の出発前に、デオドラント剤をワキに塗りましょう。

使用時に、デオドラント剤を乾燥させると、ますますの効果が期待できます。

わきの汗や臭いの予防には、スプレーやパウダータイプのような、さらさらとしたタイプであればより効果が期待できます。

突然アセが出たらふきとりシートタイプで対応しましょう。

腋臭が気になったときは薬局などでデオドラント用品を買えば済みますが、デリケートゾーンの臭いが気になる女性はいい対策案を知らないため、胸中で苦しんでいます。ベッドイン時に男性から何か言われたらおそらく立ち直れなくなりますよね。

たとえ指摘されても気を落とさず、野菜中心の食生活にするとか、 臭いを予防する石鹸やサプリを使うようにし、改善するよう努力しましょう。

効果的に制汗剤を使用する為には、 「一部分に」「短期間で」使用することがすることが重要です。製品によっては広範囲の汗腺を封じてしまう製品もあります。

広い範囲かつ長期的に塗ったままにしておくのはやめましょう。

わきの臭いだけでなく、体臭を予防するためには、まず第一に「清潔さ」の保持が最重要です。